zencro’s diary

乱╲(・ω・)/歩 ╲(・ω・)/奇╲(・ω・)/譚

一服

「あのーカガミ警視、何かありました…?」
「は、何か、とは」
「いえね、言っちゃなんですが朝からずっと変ですよー、デスクの上のスマホじっと眺めちゃため息ついて、ときどきデスクに突っ伏してたり、会議の時間を間違えて遅れそうになるし」
「ははは、それいつもの係長みたいじゃないですかぁ」と向かい席の刑事が口を挟む。
「ははぁそういえばそうだねえ、わたしのおつむはユーウツな会議の時間とかさ、忘れるようにうまくできているから~…って、んもーキミ茶々入れるんじゃないの。」同僚にそう言い、ナカムラはまたカガミの方に向き直って顔を覗き込む。「…疲れがたまってるんじゃありません?今日はもうわたしらで何とかしますから、帰って休んだ方がいいですよ」
「いえ…大丈夫です、あの、…ちょっと離れてもらえませんか?」
「あ、こりゃすみません」近づけ過ぎた顔をパッと離し、きまり悪そうに笑う。
「ちょっと、ここ出て一服…あぁいや、自販機で飲み物でも買って一息つきましょ、警視」
促すナカムラの後をカガミもついていき、二人は屋外喫煙所へ続くドアの手前にある自販機コーナーにやってきた。
「さて、ここなら誰もいませんな。それでは」ついてきたカガミを振り返り、ナカムラは言った。
「この二・三日、ホント様子がおかしいんですよね。なんか心配事でも?妹さんとケンカ…なんてわけないかぁ」
「違います」
「じゃあ、どうしたんです?実はさっき、警視が入力していた報告書覗いちゃったんですが、ぜんぶひらがなばっかり打ってましたよ?」
「えっ?ほ、ほんとですか、戻ってすぐなおさないと…」慌てて戻ろうとするカガミ。とそこへ、

「気をつけーい!!!!!」

いきなりの号令が森閑とした廊下に響きわたった。
「はいぃぃっ!!」反射的に、思わず背筋をビシッと伸ばすカガミ。

「上に立つ者がなんというざまだ!言いたいコトあるならハッキリ言え――ッ!!」

「ハイッ、ナカムラさん付き合ってくださいっ!!」

「は?」

「…あ”」とっさに口をついて出た本心に一瞬の後気づいたカガミ、ザーッと血の気が引く音が聞こえる思いがした。あああ、勢いで言ってしまったぁーッ、告白してしまったッ…!

「付き合う?」
「は、はい、いえ、あの」
「いいけど」
「…え?えええっ!?」
「なんだー、なに言いにくそうにしてるのかと思えばそんなことかぁ、あははは―」
軽く笑い飛ばすナカムラに、いろいろ一気に思い巡らしまくってフラフラなカガミもつられて笑う。「は、はぁ…あははは…」
「で、どこ行くの?」
「え」
「だからぁ、おれに付き合ってほしいんでしょ?どこ行きたいの?」
「えっと…牛丼屋とか…」じゃない、誰もいない海辺とか、カスミソウゆれる野原とか、二人きり肩並べて、あわよくば手をつないで…それから…
「牛丼屋ぁ?またずいぶん近所だなぁ。なんだーそんな昼飯くらい気軽に誘ってよ…いや、誘ってくださり光栄でありますカガミ警視!」
「いや、…あの、二人だけの時は敬語は無しで…」
けっきょくこうなるのか、と嘆息しながら、「ぎゅーどん、ぎゅーどん♫」と楽し気に鼻歌を唄うナカムラに従って警視庁を出るカガミであった。