読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zencro’s diary

乱歩奇譚SS

あとかた

ナカムラ

「おい、あいつどこ行ったんだ?」

見回して言う男の目には、がらんどうの部屋しか見えなかった。いや何もなかったわけではない、それなりに家具類はあって窓には地味だがカーテンもかかっている。食器も調理器具も数少ないがしかるべき家具におさまっている。ただ、生活臭が無いのだ。

「あいつってさ、結構多趣味だったよなあ?サーフィンとか」

「そうそう、ビリヤードとか、ウクレレもそういえば好きだって言ってたねえ」

洋服ダンスの引き出しをあらためながらもうひとりが応答する。

「……下着や靴下、Tシャツにワイシャツっと、ウクレレ好きならアロハとか持ってるのかなあって思ったけど、 派手目なものはおろか、柄物は何にも無いねえ」

「なぁ、ここ本当にあいつの部屋なのか?」

「そのはずでしょー。でもこの部屋入ったことあるやつなんていなかったろうしホントにここに寝起きしてたかって証拠も無いけど、まあここ以外手がかりないしね。あいつ身内も無いもんね」

「そうかぁ、この部屋に入った奴がいるとすればカガミくらいだったろうし」

「もういない奴の話 してもしょうがないだろう。何も痕跡を残さず周到に出てったんだなあ」

「そもそもさあ」

かつて彼らの同僚だった男は言った。

 

「ナカムラって、サーフィンなんてホントにしてたの?」

 

---------

「だってあいつがボード持ってる姿や写真なんて見たことないしさ、他の奴が見たって話も聞かないし。俺もそうだしお前も聞いたことないよな。大体あいつ外でカガミ以外とつるんだりしてないだろ」

「まあ、そういやなぁーいつも人当たり良さそうにしてるし飲み会とかにも顔出すし、付き合い良さげにしてたけど、それ以外でつるんでたやついなかったようなー」

「へらへらしてるようで仕事はきっちりこなす、後輩の面倒見もいいしで、部長も文句つけようなかったよなあ、極端な猫背とヨレッとした格好以外は。でもちょっと油断ならないとこはあったな、たまにゾッとする目つきしてたし」

「それがさ、おれナカムラが昔いた部署の奴に聞いたことあんだよ。あいつ、内部規定違反についてもめて、派手な暴力沙汰起こして降格か免職かって羽目に陥りそうなことがあったって」

「なんだそりゃ」

「なんでも、捜査活動に行き過ぎがあったらしいよ。でも結局お咎めなし。どうも上司の弱みを握ってたらしいぞって言ってた」

「へえええ、あのナカムラがねえ。でもそんな問題児がよくこの署の捜査一課に配属されたもんだな」

「むしろ問題なのは上司で、暴いたあいつはそれだけ優秀だったって事だろ。どのみちあの外見からはあんまり想像できないけどさぁ」

「はー。俺たちもあいつと付き合い長いけど、たいして分かっちゃいないもんなんだなあ」

「そりゃそうさ、俺だっておまえの事はよく分からんし」

「ええ、そりゃないよ~、でも言われてみりゃ俺もおまえの事、いつも昼飯に裏の好々軒でラーメン食ってるってことくらいしか知らないよな」

「でさ、ナカムラってほんとに二十面相とは関係ないのかな」

「ああ、当時上の連中は共犯じゃないのかって疑ってたみたいだしな。俺はまさかと思ってたけど、今となってはその可能性も踏まえといた方がいいのかもしれんな……」

 

---------

カガミ元警視の刑が執行された翌日、ナカムラ警部が姿を消した。警察は行方を追っているが一向に成果はあがっていない。