zencro’s diary

乱╲(・ω・)/歩 ╲(・ω・)/奇╲(・ω・)/譚

花火


「カガミさーん、こっちですよー」
「あ、ナカムラさんもいるな。あたま一つ分低いから分かんなかったな」
「やあコバヤシ君、流石に混んでるね」
「ここからだと割とよく見えますからねー両側の街灯がちょっと邪魔ですけど」
「だから有料席で見ればいいと言ったじゃないか」
「でもハシバの名前で席とったらお行儀よくしなきゃだめだよね、それじゃ騒げないもん」
「羽目外しちゃいかんのは、公道のここだって同じことだがな」
「あ、そろそろ時間ですよ」
「わあ、あがったー」
「おおー、最初からずいぶんバンバンいくねえー」
「ええ、盛大ですね」
前のほうではしゃぐコバヤシ君たちを眺めながら、カガミが呟いた。
「この顔ぶれで花火見ることになるなんて、少し前までは思ってもみませんでした」
「そうだね、俺たちもアケチ君とはもともと面識あったけど、コバヤシ君たちとはあの人間椅子以来だもんね」
「ええ。あの後、結局私は2か月ともちませんでした」
「……もう、5年も前の事なんだね。カガミと花火見物ができて、うれしいなあ」
「私も、今こうしてあなたの横に居るということが奇跡のように思えます」
「なあカガミ、……手、つなごうか」
空を見上げていた顔をナカムラに向ける。
ああ、穏やかな笑顔。この笑顔に、どれほど救われてきたことだろう。
「はい」
二人は合わせた目を再び夜空へ向け、おずおずと、手を互いの方へ差し出す。
カガミの手が、ナカムラの手にたどり着く。
お互いの手の甲が触れる。
そっと、向きを変え掌を合わせる。
互いの指どうしを一本ずつ這わせあい、なぞりあう。
カガミの手指が、少し痩せて骨ばったナカムラの手を包む。
そして、ゆっくり手さぐりで、相手と自分の指を絡め合う。
「ふふ、ちょっとドキドキするね」
「はい」
夜空につぎつぎ咲いては消える大輪の華々。
「綺麗だな」
自然に声が漏れる。

きゅ。
そのときナカムラの手が握る力を強めた。
瞬間、カガミの耳から、辺りの喧騒も打ち上げの轟音も消え去った。

「カガミ、誕生日おめでとう」 ただナカムラの声だけが鮮やかに聞こえた。

「俺の横に居てくれて、ありがとう」