zencro’s diary

乱歩奇譚SSと雑記

面会

面会続々

1「俺に気遣いはしなくていいですよ」地下へ行く度お前が言う。 おれが会いたくて来てるんだ、 何度言っても信じない。 自分には価値が無いと結論付けて、 茫洋とした眼にはおれが映っているのかどうかも分からない。そしておれは地上に戻り 囚人のように仕…

面会続

1「や、カガミ。元気してる?」 「ナカムラさん、そう俺のためにあなたの貴重な時間を割かないでください」 「そんなこというなよー、いいじゃん、どうせ職場の真下なんだしさぁ。それに、俺こう見えて結構マジメなのよ?ちゃんと職務に励んでるから安心し…

面会

二十面相の事件が一応の解決を見た後も、彼は足繁く訪れる。そして職務内容にさわりのない世間話をして「じゃあ、また」と言って帰っていく。俺に気遣いはしなくていいですよ、と言うたび寂しそうに笑って「俺の方が好きで来ているんだよ」と言って席を立つ…