zencro’s diary

乱歩奇譚SS

トキコ

初詣0

晴れた正月の昼近く。 プルルルルル……ガチャ 「ふあぁ、あーはいはいナカムラですー」 頭上にある携帯電話をつかみ、布団に引きずり込んで応答する。 「…はい?トキコさん!?あぁ、どーもどーも、あけましておめでとうございまぁす。へ?ええ、元日はわたし…

芋虫異聞

ナカムラがカガミ部長の下に配属となって2年ほど経った。初めは何かと言えば正義だ義務だと堅すぎるがために周囲との衝突も多い上司に辟易することも無いではなかったが、やがてその真面目な仕事ぶりと熱意に憧れを抱くようになっていった。 ある日ナカムラ…

往来

「カガミケイスケ、面会だ」 呼ばれ、カガミは面会室へ向かった。収監されて以来、しょっちゅうナカムラは面会に来る。それこそ以前ともに働いていた数年間と変わらぬ頻度で顔を合わせている気がするほどだ。これほど自分に時間を割いて、刑事の職務はちゃん…

伝言

出所以来、ナカムラさんのアパートに厄介になっている。逮捕前に住んでいた部屋は、煩わせて申し訳ないと思ったが、ナカムラさんに頼んで処分してもらっていた。犯罪行為を続けていた忌まわしい場所にのこのこ戻れるわけもなく、またそのまま放置していても…

草上の昼食

「ナカムラさん、今度の週末おたがい非番ですよね」 「うんそうだねえ、ひさびさゆっくりできてうれしいねぇ」 「あの、ナカムラさんがよければ、付き合って欲しい所があるんですが」 「へえぇ、カガミくんがそんなこと言うなんて珍しいね、どこなの?」 「…